ブログトップ

ワンだ~ランド

wandaland.exblog.jp

なにげない出来事を薄く薄くのばしていく金箔職人ワンだの世界

先月は思わぬ事が幾つか勃発したので、更新を長々とさぼってしまった。
事件の1つ、それは6月に起きた。。。。

おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは洗濯かごを持って中庭に出ようとして
おったんじゃ。
おばあさんは階段代わりにしておったブロックに足を着いたと思った途端、
思い切り足首を捻りながら地面へずってんどうと転がり落ちてしまったんじゃ。

   ひゃああああああぁぁ

久しぶりに絹を裂く様な悲鳴が口からほとばしり出た。 
いつもならバランスを崩した直後に、恐ろしい程の反射神経と筋力を駆使して
くるりと回転し、何事も無かったかの如くすっくと立ち上がっていただろうが、
気づいた時は地面に倒れこんでいた。
私にも高齢化の波はひしひしと押し寄せてきている。

もう少し右寄りに落ちていたらコンクリートだったが、不幸中の幸いで落ちた
ところは柔らかい土の上。
足首を捻っただけで、他には外傷は無かった。

すぐに患部を冷やしたものの、応急処置として大事な安静も固定もせず、受傷した
2日後には出勤し、3日目には映画を観たりブックオフをうろうろしたり、新しく
できたドーナッツ屋さんで買い物をしていた。
知らぬが仏とはこの事である。

せいぜい靭帯が伸びたくらだろうから気合と根性と愛嬌で直そうと思ったのが大間違い。
まさか骨折はしていないはずという安易な考えで、放置する事10日間。
ところが研修の合間で久々に出勤した同僚から、きちんと病院で診てもらわないと
後で大変な事になると言われ、泣く泣く整形外科を受診した。

診断名は「足関節前距腓靭帯部分断裂」
恐ろしげな傷病名である。
聞いただけで脇に汗をじっとりと掻き、肛門部がちょっとだけ緩んでしまいそう
ではないか。

ギブスを装着し、松葉杖を貸して頂いた。
看護師さんから、松葉杖を脇に当てないでなるべく両腕を伸ばす様にと指導して
もらったが、これが簡単そうで結構難しい。
怪我をしていない方の足を前に進める時に全体重を両手で支えなくてはいけないが、
この時少しでも手が滑ったりバランスを崩すと転倒する恐れがある。
ふらふらよろよろぐらぐらしながら命がけで診察室から待合室に移動する私は、
動く危険物と化した。

それからは筋肉痛との戦いの日々である。いや、むしろ体重との戦いであった。
松葉杖のまま階段の上り下りはできないので、両膝をついてほぼ腕の力だけで
一段一段上って行く。
トイレに行くのもシャワーを浴びるのもひと苦労だった。
両腕と右足を縦横無尽に駆使して、全身の筋肉痛との激しいバトルを繰り広げ、
やっと8日後にギブスから装具に変更となった。
(続く。。。。かも)
[PR]
# by wanda_land | 2010-07-28 22:44 | ワンだ日記
某新聞の記事がひときわ目を引いたので転載させて頂く。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  (転載ここから)
             「はやぶさチームに祝い酒」
    虎の児ラベル縁で贈る
約60億キロの長旅を終え、帰還した宇宙航空研究開発機構の捜査機「はやぶさ」の
プロジェクトチームに、嬉野市嬉野町の井手酒造(井手洋子社長)が祝い酒を贈った。
7年前の打ち上げの際、主力銘柄「虎の児」のラベルデザインがはやぶさの性能計算書の表紙に
”採用”されたのがきっかけ。
同社ではオリジナルラベルを貼った酒の限定販売を検討している。

ロケット衛星の打ち上げは巨額を投じるビッグプロジェクト。失敗は許されず、チームは
成功を祈り、験担ぎで軌道計画などをまとめた性能計算書の表紙に清酒のラベルをもじって使う
”伝統”があるという。
宇宙を60億キロも旅して太陽系誕生の秘密を探る試みは「まさに『虎穴に入って虎児を得る』
挑戦」
打ち上げ時、性能計算書を作成した的川泰宣名誉教授が、全国の数ある銘柄の中から「虎の児」を
選んだ。
ラベルは「此君名聲 走千里」とする本来のキャッチコピーを「此機宇宙 翔百億里」に、
醸造元をプロジェクトマネジャーの川口淳一郎教授にちなみ「川口酒造」、電話番号代わりに
小惑星「イトカワ」を示す識別番号「1998SF36」を記すなど、遊び心もちりばめている。
井手酒造では、チームから贈られてきた打ち上げ時のパネル写真と祝い酒を手にする川口教授の
写真を展示。
井出社長(76)は「無事を祈り続けていたのでうれしい。数々の困難を乗り越え、とら年に
帰ってきたことに運命を感じる。」と喜んでいる。

  (転載ここまで)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
性能計算書の表紙にお酒のラベルを使うなんて洒落ている。
ラベル通りとらの年に帰って来たはやぶさもまた然り。

2メートルに満たない小さなちいさな体で、想像を絶する過酷で孤独な旅を終えたはやぶさ。
この小さな巨人が成し遂げた偉業を、あまりマスコミは語りたがらない。
どうでもいい様なニュースや、暗いニュースは朝から晩まで流すくせに、こんなに素晴らしく
日本国民の気持ちをぱっと明るくしてくれる事は軽く無視するとは。

イトカワからのお土産がカプセルの中に入っている事を祈る。
太陽系誕生の秘密が明かされるかもしれないと思うと胸がときめく。
[PR]
# by wanda_land | 2010-06-23 11:23 | ワンだ日記
5%革命団とはいかなる団体であるか。
シドニーおちんさん
設立者であり、趣旨・目的・理念はちちびんた同盟と同一である。
さてこの「5%革命」の由来とは。。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「シドニーおちんんの、これが、今の精いっぱい」 
  (ここから転載)
これはワタスが書いた「地図のある旅」のどこかに、ライアル・ワトソンの
100匹目のサルの話と、ルッパード・シェルドレイクのフィールド理論が載っておると
思うので、根性あったら探して読んでみて欲しいのですが、 おそらく、ある同種の
エネルギーの集合が量的臨界点を越えると、爆発的な変化を同種内で起こさせることが
可能である、というようなものでしょう。

ワタスら地球人の持つフィールドはある層で繋がっとります。
それを霊体の四層目としましょう。すると、その四層目は、ワタスら地球人の人口の
5%の意識変化によって、瞬く間に全地球人の四層目に、変化を与えることが
できるわけです。

  (転載ここまで)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人間の意識は繋がっている。果たしてそれは真実なのだろうか。
未だ半信半疑ではあるが、おちん殿の説を証明するかの様な奇妙な夢を私は見たのである。
以下はおちん殿のブログのコメント欄での、私とおちん殿のやり取りである。
尚文中の「校長せんせ」とはおちん殿のご主人の事だ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 (転載ここから)
怨家宝はNHKのインタビューに対し、「中国は近代史において多くの列強に侵略された。
(中略)中国は他の国の領土を占領したことはない」と答えており、
「ちゅーごく4千年の歴史」並の出鱈目話に思わず右鼻から青っぱなが一筋ずいぃーっと
出そうになったであります。
なーるほどチベットもウィグルもモンゴルも他の「国」じゃないんだ、怨ちゃんうまい!
その他にも色々ウソ八百並べ立てており、舌を引っこ抜いて頂く様閻魔大王様へ
メールを出したであります。
ところで今日おちん殿の夢を見たであります。
小さなリビングには校長せんせもいらっしゃって、せんせに趣味を聞いたら
「慶応大学をむにゃむにゃ壁画がむにゃむにゃ。」と言っておられたであります。
おちん殿は何故か白髪で目を閉じておられ、記念に握手をしてきたでありますよ。
2010-06-03 22:10 | ワンだ五等兵 URL



ワンださん、す、す、すごい
って、その前に、爆笑さしてもらいますた。
アオッパナ、突然、噴いて、出ることある、ある。校長先生との初デート、って
ほどのこともなかったが、そんとき、出た。風邪ひいてたんで。はぁ~、あんたでない
男子だったら、ワタスは死にたくなるとこだったぜよ、と十代の校長先生に向けて
言った覚えが、ワタスにはないが、校長先生にはあるそうです。
で、その校長先生、びっくら。今朝、慶応の話をしてますた。
んで、校長先生の趣味はサッカーと絵画。壁画ならウルルの岩壁画から、教会壁画まで、
校長の書斎にはどっさり絵画本があるのですが、ワタスは奴の書斎に立ち入り禁止
なんだそうで、盗み見するしかないが。しかし、たまげた。これは偶然?ではないよね。
で、ワタスは白髪ではないが、校長先生は殆ど白い。んで、ワタスはよく目を閉じて
腕くんで考え事するので、おちんさんはばーさん超えてじーさんになったのだなぁ、
としみじみ、校長に言われます。うぁ~、なんか背中があつぅくなったぁ。
ありがとうござんした。 by じーさん校長と2人で暮らすじーさんおちん。
2010-06-03 23:28 | シドニーおちん URL


ところで夢のお話。
慶応とか、趣味が壁画とか、意味不明な言葉だったので書こうか書くまいか、
迷っていたんでありますよ。
しかし同じ日に慶応が話題に上ったとか、書斎に壁画の本があるとか、またもや
自分の太ももにざわざわと鳥肌が立ったでありますよ。ちなみにソファーの左端に私、
右隣に校長せんせ、そのまた隣におちん殿で、せんせはおちん殿の方を向いている
ので、私に背を向ける様にして座っておられ、その後ろ姿はがっちりとしてまだ
若々しい感じでありました。

でっ、5月31日にお昼寝をしていた時の事、半覚醒状態だたのか夢だったのか
微妙だったものの、ふと意識が醒めて(?)、「「シドニーおちんさーーん、
オーストラリア在住のおちんさーん。まいどさーん。」と呼びながら両手を上げたら、
誰かがその手を握ったんであります。
最初に握ってきたおちん殿を思われた人はかなり握力が強くて、がしっと握られたので
一瞬そこらへんの邪霊でも寄って来たのかと思ったであります。
(まいど殿の手は普通の感じ。)

いや~一体ワタス達に何が起きてるんでありましょうか!?
2010-06-04 22:55 | ワンだ五等兵



ワンださん、ありがとうね
さっそく夢の話だけんど、ほんとにびっくらしたのですた。
コメントを読んだ日の朝、自称校長先生が出掛けに外でその話をしたんですわ。
で、その後コメント読んで、もうびっくら。なんで知ってんのかい?と。で、壁画の
本はあれからこっそり書斎に入って確かめたら、奈良の壁画からクスコーから、
絵葉書まで挟まってますた。で、教会壁画が趣味らしく、その本はかなり買い込んで
あったな。
で、また今、ぼわっと背筋が熱くなりますたが、そのソファは、きっと近所のカフェの
ソファではなかろうか。我が家では一緒にならんでソファに座るという習慣がなく、
二人並んで座ったのは、この間の日曜の午後、近所のカフェでのこと。
そのカフェのソファ席は奥まってて、三方が板壁。前のコメントで小さいリビングと
あったのにぴったりだと思う。で、確かにあの日、ワタスは右端に座ったような記憶が
あります。
ただ、校長先生は180あるのででかく、きっとがっちりしておるのかも知れんですが、
じじぃです。ワタスと同じ歳。若くない。くりかえしてみるけどじじぃだな。
で、31日。すんません。なにしてたか全く記憶にはないのですが、ワタスは握力
強いっす。もうかれこれ30年。ワードプロセッサーの時代からキーを叩いておるんで、
指もけっこう太くて指一本一本にものっすごい力があります。指相撲で負け知らず。
おまけに足の指でグーチョキパーがでけます。で、おまけにサウスポーだもんだから、
左の握力もかなり。指力もな。
握ったんだねワタス。すまんこってした。これからはおちんさん、そっとそぅっとね、
と最初に言ったってちょんまげ。そのワタスがけだもの状態でなければ、恐らく聞く
耳をもっておるでしょう。
いやぁ。それにしてもたまげた。ワンださんも抜けられるんだね。
今、ニャニャスさんと、mistymidoさんと、オペラハウスの石段で会いましょう大作戦を
してるんで、参加してちょんまげ。
で、ニャニャスさんは行けてるようなのですが、ワタスがだめ。新聞スタンドか
息子んとこに、どうしても本能で飛んでまい、石段にいけてません。今夜は、時間が
ずれてまい、これから口蹄疫するので、あと1時間後くらいに、抜けてみます。
行ければいいんだが、夜でけんかったら、朝方、もっかいやってみます。
では。ありがとうね。わくわくしてきますた。
     by 抜けるぜよ、石段で待っとってちょんまげおちん。

2010-06-04 23:35 | シドニーおちん URL [ 編集 ]



太ももどころか今度は両腕に鳥肌がっ!
そもそも壁画に興味があって本まで買い込む人がいるとは思いも知らずつゆ知らずであります。
ほほ~~~。
それと体格ががっちり、とは「身長が高くて背中が広かった」という意味で書いたんでありますよ。
夢の中の校長せんせは白髪混じりだけどパーマっ気の無いさらっとした感じ。
場所まで類似点があるとはまたどうした事でしょうか。それにおちん殿はゆきおの
ばかっ畑を耕しておられるので、握力は意外にあるのかもと思っていたところですが、
本当に強いんでありますね。
半覚醒状態の時に誰かの手や亡くなった愛犬を触ったりしてたんですが、このところ
ぱったりできなくなっており、この日は「半覚醒状態になった夢」だった様な気もするであります。
今度からおちん殿に「優しくしてね。」と声を掛けてから握るであります。

オペラハウスの石段でありますね。チャレンジしてみるであります!

2010-06-05 00:22 | ワンだ五等兵



ワンださん、ありがとうね
返事が遅くなってすまんこってした。
仕事がたてこんでまいますた。
んっが、土曜には、オペラハウスに行って写真をとってみますた。
みんなでイメージを共有してもらおうと考えたのですた。
んっが、写真、へたで何がなんだかわからんですた。でもとりあえず、次の記事に
はっつけてみます。
ところで、校長は、サラッサラの髪で白いです。。山羊のような、じじぃです。
とにかくびっくら。ワンださん、すごー。
とにかく、ワタスは石段に行くことだね。努力、足りんですまんこってす。でも必ず
行くかんね。待っててちょんまげ。で、いろいろありがとうね。 by 石段おちん。
2010-06-07 10:20 | シドニーおちん URL

 (転載ここまで)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
かたやオーストレイリヤ在住のおちん殿と、かたや可憐なスミレの様に日本の片隅に
ひっそりと咲いているこのワンだ、もちろんネットを通じてのお知り合いなので、
お互いに予備知識は殆ど無いに等しい。
どこかで何かが繋がっているのかもしれない。

私の次の課題は幽体離脱である。
[PR]
# by wanda_land | 2010-06-09 23:00 | ワンだ日記
ももくりさんのブログ
で紹介されていた宮崎の特産品セットが届いた。
商品はももくりさんのサイトにあった画像に加えて、いんげん・スィートコーン・
キャベツ・アスパラガスが同梱されており、早速飲むヨーグルトを親子3人で
少しずつ分け合って飲んでみた。
うんまい!

10000円のセット1個につき1500円位の義捐金が出せそう、その事だった。
他にも5000円と4000円のセットがあるので、興味がある方はチェックして
頂きたい。

さてふと気がついた時には私もちちびんた同盟&5%革命団のメンバーになっていた
わけだが、この2つの団体に関して殆ど説明らしい説明をしていなかったので、
今日はそのお話を。
発端はきん○ませんせのブログ
のブロ友である
[PR]
# by wanda_land | 2010-06-05 11:53 | ワンだ日記
「宮崎牛」のスーパー種牛6頭の中でも精液供給量最多だった
エース「忠富士」が、感染疑いが確認されたとして殺処分となった
らしい。
現地ではマンパワーも埋却地も不足していると言うのに、
埋却率は53%だと言うのに、忠富士の殺処分はいやにさっさと
仕事がはかどったもんだ。

東国原知事の必死の嘆願にも関わらず、他の49頭についても
同様の処分が下された。
また畜産農家の方達ががっくりと肩を落とされる光景が目に
見える様だ。

農水ばかちん副大臣が種牛延命願いに対して、
「ウィルスを撒き散らされては困る。」とか何とか言っていたが、
でたらめにもほどがある。
これでは種牛が既に感染していて、他の健康な牛に悪影響を及ぼしている
かの様な印象を与えてしまうではないか。
今のところ検査で陰性だと報道されているのに、ウソを言うな。

連日連夜心も体もボロボロになりながら頑張り通している関係者の
方々に、これ以上「頑張って!」とは言いたくない。
頑張れ、という言葉が逆に針の様に突き刺さる事もある。

無数の人々があなた達を支えている。
皆さんには姿が見えなくても、声が聞こえなくても、沢山の人々が
見守っている。
だから踏ん張って! 後ろから支えているから!

医学も科学の進歩も日進月歩。
それなのに何故こうまでも口蹄疫に対して無策なのだろう。
ワクチンを打った後に殺処分?
それでは家畜や畜産農家の方達に二重の苦しみを与えるだけでは
ないだろうか。

2007年にイギリスで口蹄疫が発生しているが、それから
学ぶ事は何も無かったのだろうか。
まるで人類が初めて遭遇した疫病の様に、国のトップがすっとぼけて
いる間、みるみる感染は燎原の火の如く拡がってしまった。

何でもかんでも陰謀論に関連付けるのはまずいかもしれないが、
口蹄疫に関しても私には居るみなてーや姪そん、或いはそれらを
手足の様に使って地球を自分達にとって都合の好い世界に統合
し直そうとしている連中の思惑を感じる。

口蹄疫の感染拡大で利益を得るのは誰なのか。
ビルコンやワクチンの製造元は?
国産の牛・豚肉が品薄になれば、今まで嫌がられていたアメリカ産が
幅を利かせてくるかもしれない。

日本をパニックに陥れ、政府への不信感を煽り、食料自給率を下げ
畜産農家を壊滅状態に追い込む事で、誰かがどこかでほくそえんで
いる様な気がして仕方が無い。
[PR]
# by wanda_land | 2010-05-25 22:22 | ワンだ日記
この世の全ての富を懐に入れたい、地位も名誉も権力も独占
したい、自分達以外の生物を支配したい、何が何でも世界を
統一したい、この青い星を我が物にしたい、んでもって
しまいには神として君臨したいという野望を抱いている
強欲な連中が居る、と私は確信している。

我らは王なり、我らは神なり、全人類よ、我らの足許に
ひれ伏すのじゃ、この地球を牛耳るのは我らしかおらぬのじゃ、
我らに逆らえばどうなるか目にもの見せてくれるわ!

ぐわーーっははははははは!  ぐわーーっははははははは!

ぐわーーー。。。。。。。     げほげほげほげほ

などとむせりながら、実に様々な陰謀を張り巡らせている
連中は確実に存在する。

前回デイビッド・アイクおじさんの事を、陰謀を暴く
(振りをしている)人と書いたが、あんな事を書いている
のに、マスコミに露出したり、健康体で生活している事
自体が不自然なのだ。

巨悪を暴こうとして命を落とし、自殺や単なる事故扱いに
されたケースは無数にある。
しかもおじさんは居るみなてーのメンバーのお膝元に
住んでいると言うではないか。

きゃつらの陰謀についてはググれば山ほど出てくるので
省略するが、まずは何が着々と進行しているのかを知る事
が重要課題だと思う。

知れば知る程マンガの世界である。
ホラー映画やオカルト映画を地で行くきゃつら。
しかしきゃつらは大真面目なのである。

次回は海外在住の某ブロガーさんの、驚くべきブログを
転載する予定である。
[PR]
# by wanda_land | 2010-05-20 22:02 | ワンだ日記
「V」というアメリカのTVドラマのビデオを見た事がある。
巨大なマザーシップが飛来し、白色人種と同じ外見を持った
地球外生命体が地球に降り立つ。
彼らはビジターと呼ばれ、初めは人類に平和と友好を約束し、
人類との交流が始まる。

しかし彼らの地球訪問の真の目的とは水と食料、即ち人類と
言う生餌の獲得にあったのだ。
一部の人間に正体を見破られたビジターは、徐々に片鱗を
現し、ついには人間そっくりのカモフラージュをかなぐり捨て、
グロテスクな爬虫類型エイリアンの姿を曝け出す。。。。

当時は単にSFドラマの1つとして観ていただけだが、
人間そっくりに化けたとかげ星人が人類を破滅に追い込む、と
いう筋書きが現実味を帯び始めている、と思う今日この頃である。

陰謀論に関心があり、あちこちのサイトをチェックしていると、
そんじょそこらのSF作家が泣いてひれ伏したくなる様な、
荒唐無稽で実に奇々怪々な話がぞろぞろ出てくる。
陰謀の大元を辿って行くと、旧・新約聖書の世紀末の預言に
ぶち当たるのである。

大まかに言えば、堕落した人間に神の裁きが下り、大災害と
戦争に巻き込まれた人類は滅亡寸前となる。
死んだ人を羨ましく思う程の艱難辛苦を与えられた後、
神が降臨して選ばれた民だけが生き残り、そこから神の
千年王国が始まる、という様な内容だ。

聖書の預言は比喩が多く、研究だけでは簡単に読解できない
様になっている。
つまり終末への過程と結果がどうなるのかは、解釈の仕方に
よってがらりと変わるという事。

この聖書の預言を自分達の都合のいい様に解釈し、成就させる
べく躍起になっている連中がいる。
それが居るみなてーとか姪ソンとか呼ばれる人達なのだ。
居るみなてーはダン・ブラウン作「天使と悪魔」という
映画で一躍有名(?)になった組織だが、陰謀論者によると、
居るみなてーや姪そんでさえただの使用人やぱしりでしか
ないらしい。

そりゃそうだろう。
真の実力者は滅多な事では姿を現さない。
一般社会に出たとしても、きっと善良で裕福な一市民を
装っているものだ。
大概は広大な土地に建てられた大邸宅の奥の院で、ハバナ産の
葉巻かなんかをくゆらせながら、忠実な下僕達の報告に
耳を傾けていたりするもんだ。

タイトルに挙げた「とかげ」とは、レプティリアンと呼ばれ、
りゅう座にあるアルファ星系からわざわざやって来た
ヒト型爬虫類である。

陰謀を暴く(振りをしている)本を書いているデイビッド・
アイクおじさんがによると、「ヒト型爬虫類は、人間社会を
巧妙に操作する世界的陰謀の黒幕的存在である。」
らしい。


 次回に続く。。。 
[PR]
# by wanda_land | 2010-04-21 12:22 | ワンだ日記
一昨日の夜「ほっかむり大作戦」中、おのれの姿をまじまじと
鏡で見てみた。
現在愛用しているのは薄いオレンジ色の日本タオルである。
髪の横広がり防止の為頭に巻いて、顎の下できゅきゅっ  と
止めている。

冗談の通じる実母さえコメントを控えるこの姿を直視するのを
私もずっと避けてきたわけだが、その日は何故かじっくり
見たいという抑えきれない衝動に駆られてしまったのだ。

          案外カワイイ

緑映える田んぼに突っ立っているカカシか、ロシアの寒村に
でもいる様なおばちゃんを想像していたが、実物はもっと
愛らしかった。
喩えて言えばそれは


          てるてる坊主

てるてる坊主の衣装の基本色は白だが、オレンジ色でも
いいではないかいいではないか。(と2回言ってみる。)

これにシーツでもまとって軒先にぶら下がっていれば、
ゲリラ豪雨を雷雨ぐらいには変えられそうである。
いや少なくとも魔除けにはなるだろう。
私の周囲には強力な結界が張られているのだから。

生まれたての小鹿の様に純真無垢でいたいけなワンだ家を
くいものにしようとしている輩から守ってくれる結界だ。

お不動様のアンビリバボーでワンダホーでグレイトな
ミラクルパワーで包み込まれている身なればの話である。

身を挺してワンだ家を守るにはやぶさかではないものの、
ここに1つ大きな問題が横たわっている。
ワンだ・てるてる坊主を見た人が、驚いて私を救出しに
来るかもしれないという事だ。
そこを解決するには。ふむ。。。。。。。


えと、今日は全く違うテーマで書くつもりで、軽くその
前フリをと思っていたが、長くなってしまった。
「ほっかむり姿を見てみたら、てるてる坊主みたいで
案外かわいかった。」と2行で終わらせるべき内容
だったのに。

で、本題である。
私は陰謀論が大好きである。
で、わけのわからんタイトルをつけてみたが、残念ながら
時間切れである。

続きはいつかまた暇を持て余して、どれ 今日はひとつ
あの事でも書いてみよっかなー、とソノ気になった時にでも。
[PR]
# by wanda_land | 2010-03-25 12:26 | ワンだ日記
今日はすんでのところで大失態を演じるところであった。
予定では日勤だったが、急遽遅出に変更となり、
いつも通りに起きた私は出勤までの時間を持て余していた。

まだ40分程ある。
雨が降っているので、もしかしたら髪の毛が広がるかも
しれない。
念の為もう一度頭をタオルでくるりと巻き、顎の下辺りで
黒ゴムできゅきゅっ  と縛った。

「ほっかむり大作戦」である。

出発直前になってうとうとしていたのだろう、携帯の
アラームではっと目が覚めた。
居眠りをする前にマフラーもコートも身に付け、準備万端
整えていたので、私は余裕綽々で靴を履いた。
しかし玄関ドアを開ける直前にちらっと鏡を見たのが
不幸中の幸いであった。

私は「ほっかむり大作戦」を決行中のまま、世の中へ
現れ出でるところだったのだ。
何故そうなったのか、原因は色々と考えられる。

第1に、時間になったらバッグを手に玄関へ直行する以外は
何もする事は無いと思い込んでいた事、第2に、アラームが
鳴った時少し寝ぼけていた事、第3に、マフラーと頭に
巻いていた日本タオルの色が酷似しており、視界に入っている
日本タオルに不自然さを感じなかった事、第4に、今日は
寒かったので「ほっかむり」の心地良さがしっくり馴染んで
いた事、更には日銀が追加金融緩和を決め、資金提供量を現行の
約10兆円から約20兆円に増やすと発表した事も多大な
影響を及ぼしていたに違いない。

母にさえ1回しか目撃されていない「ほっかむり姿」であるが、
母でさえあの日トイレからのっそり出て来た私と鉢合わせ
した瞬間、フリーズしてしまう程の衝撃映像だったらしい。
あの時母はいったん笑いかけて、止めてしまった。

「あ。。。。。なにそ。。。。えああ?」

しどろもどろである。
親子なんだから思いっきり笑ってくれればいいものを。

外出する時は鏡で最終確認するべきだ。
危うく伝説を作るところであった。
[PR]
# by wanda_land | 2010-03-18 23:49 | ワンだ日記
3ヶ月に1度位の頻度でかけていた縮毛矯正パーマの
回数を、いかにして減らすかがここ数年の私の課題であった。

やたらめったら横に膨らみ、耳に掛けてボリュームを
抑えようとしても、恐ろしく強力な反発力でぴょーーんと
元に戻ってしまうこの厄介な髪。

頭のシルエットは「八」の字に酷似している。
末広がりのおめでたい字に似てて良かったね、なんて
言ってる場合ではないのだ。

最早縮毛矯正パーマ無しでは生きて行けない体になって
しまったが、結構料金が高いのでそうしょっちゅうは
できない。
さて、どうしたものか。

そこそこの貧乏は智恵を生む、というのが2009年の
大発見である。
「ほっかむり大作戦」というナ~イスなアイディ~アも
そんなそこそこの貧乏から生まれた偉大なる智恵の1つで
あった。

縮毛矯正パーマ6000円は魅力的な価格だ。
いつもの予算の半分ですむ、しめしめ  ぐふぐふ。
浮いたお金はもちろん老後の為の貯金に回すのさ。。。

密かに会心の笑みを漏らしていた私は、カイワレ美容室で
見事に期待を打ち砕かれ、期待に膨らんでいたGカップの
豊満な胸はみるみるしぼんでDカップになり果て、今では
鏡を見る度に頭をかきむしりたくなる衝動を抑えるのに
必死である。

同僚は誰一人として「ストパーかけた?」と言ってくれない。

触れたくないのか。

もちろん自分から言い出す勇気もない。
いっその事思いっきり笑って欲しい。
周りをぐるりと囲んではやし立てて欲しい。

いや、むしろ棒で突ついていじめて下さい。。。。


夕べから「ほっかむり大作戦」を再開した。
[PR]
# by wanda_land | 2010-03-06 22:33 | ワンだ日記