人気ブログランキング |
ブログトップ

ワンだ~ランド

wandaland.exblog.jp

なにげない出来事を薄く薄くのばしていく金箔職人ワンだの世界

5%革命団

5%革命団とはいかなる団体であるか。
シドニーおちんさん
設立者であり、趣旨・目的・理念はちちびんた同盟と同一である。
さてこの「5%革命」の由来とは。。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「シドニーおちんんの、これが、今の精いっぱい」 
  (ここから転載)
これはワタスが書いた「地図のある旅」のどこかに、ライアル・ワトソンの
100匹目のサルの話と、ルッパード・シェルドレイクのフィールド理論が載っておると
思うので、根性あったら探して読んでみて欲しいのですが、 おそらく、ある同種の
エネルギーの集合が量的臨界点を越えると、爆発的な変化を同種内で起こさせることが
可能である、というようなものでしょう。

ワタスら地球人の持つフィールドはある層で繋がっとります。
それを霊体の四層目としましょう。すると、その四層目は、ワタスら地球人の人口の
5%の意識変化によって、瞬く間に全地球人の四層目に、変化を与えることが
できるわけです。

  (転載ここまで)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人間の意識は繋がっている。果たしてそれは真実なのだろうか。
未だ半信半疑ではあるが、おちん殿の説を証明するかの様な奇妙な夢を私は見たのである。
以下はおちん殿のブログのコメント欄での、私とおちん殿のやり取りである。
尚文中の「校長せんせ」とはおちん殿のご主人の事だ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 (転載ここから)
怨家宝はNHKのインタビューに対し、「中国は近代史において多くの列強に侵略された。
(中略)中国は他の国の領土を占領したことはない」と答えており、
「ちゅーごく4千年の歴史」並の出鱈目話に思わず右鼻から青っぱなが一筋ずいぃーっと
出そうになったであります。
なーるほどチベットもウィグルもモンゴルも他の「国」じゃないんだ、怨ちゃんうまい!
その他にも色々ウソ八百並べ立てており、舌を引っこ抜いて頂く様閻魔大王様へ
メールを出したであります。
ところで今日おちん殿の夢を見たであります。
小さなリビングには校長せんせもいらっしゃって、せんせに趣味を聞いたら
「慶応大学をむにゃむにゃ壁画がむにゃむにゃ。」と言っておられたであります。
おちん殿は何故か白髪で目を閉じておられ、記念に握手をしてきたでありますよ。
2010-06-03 22:10 | ワンだ五等兵 URL



ワンださん、す、す、すごい
って、その前に、爆笑さしてもらいますた。
アオッパナ、突然、噴いて、出ることある、ある。校長先生との初デート、って
ほどのこともなかったが、そんとき、出た。風邪ひいてたんで。はぁ~、あんたでない
男子だったら、ワタスは死にたくなるとこだったぜよ、と十代の校長先生に向けて
言った覚えが、ワタスにはないが、校長先生にはあるそうです。
で、その校長先生、びっくら。今朝、慶応の話をしてますた。
んで、校長先生の趣味はサッカーと絵画。壁画ならウルルの岩壁画から、教会壁画まで、
校長の書斎にはどっさり絵画本があるのですが、ワタスは奴の書斎に立ち入り禁止
なんだそうで、盗み見するしかないが。しかし、たまげた。これは偶然?ではないよね。
で、ワタスは白髪ではないが、校長先生は殆ど白い。んで、ワタスはよく目を閉じて
腕くんで考え事するので、おちんさんはばーさん超えてじーさんになったのだなぁ、
としみじみ、校長に言われます。うぁ~、なんか背中があつぅくなったぁ。
ありがとうござんした。 by じーさん校長と2人で暮らすじーさんおちん。
2010-06-03 23:28 | シドニーおちん URL


ところで夢のお話。
慶応とか、趣味が壁画とか、意味不明な言葉だったので書こうか書くまいか、
迷っていたんでありますよ。
しかし同じ日に慶応が話題に上ったとか、書斎に壁画の本があるとか、またもや
自分の太ももにざわざわと鳥肌が立ったでありますよ。ちなみにソファーの左端に私、
右隣に校長せんせ、そのまた隣におちん殿で、せんせはおちん殿の方を向いている
ので、私に背を向ける様にして座っておられ、その後ろ姿はがっちりとしてまだ
若々しい感じでありました。

でっ、5月31日にお昼寝をしていた時の事、半覚醒状態だたのか夢だったのか
微妙だったものの、ふと意識が醒めて(?)、「「シドニーおちんさーーん、
オーストラリア在住のおちんさーん。まいどさーん。」と呼びながら両手を上げたら、
誰かがその手を握ったんであります。
最初に握ってきたおちん殿を思われた人はかなり握力が強くて、がしっと握られたので
一瞬そこらへんの邪霊でも寄って来たのかと思ったであります。
(まいど殿の手は普通の感じ。)

いや~一体ワタス達に何が起きてるんでありましょうか!?
2010-06-04 22:55 | ワンだ五等兵



ワンださん、ありがとうね
さっそく夢の話だけんど、ほんとにびっくらしたのですた。
コメントを読んだ日の朝、自称校長先生が出掛けに外でその話をしたんですわ。
で、その後コメント読んで、もうびっくら。なんで知ってんのかい?と。で、壁画の
本はあれからこっそり書斎に入って確かめたら、奈良の壁画からクスコーから、
絵葉書まで挟まってますた。で、教会壁画が趣味らしく、その本はかなり買い込んで
あったな。
で、また今、ぼわっと背筋が熱くなりますたが、そのソファは、きっと近所のカフェの
ソファではなかろうか。我が家では一緒にならんでソファに座るという習慣がなく、
二人並んで座ったのは、この間の日曜の午後、近所のカフェでのこと。
そのカフェのソファ席は奥まってて、三方が板壁。前のコメントで小さいリビングと
あったのにぴったりだと思う。で、確かにあの日、ワタスは右端に座ったような記憶が
あります。
ただ、校長先生は180あるのででかく、きっとがっちりしておるのかも知れんですが、
じじぃです。ワタスと同じ歳。若くない。くりかえしてみるけどじじぃだな。
で、31日。すんません。なにしてたか全く記憶にはないのですが、ワタスは握力
強いっす。もうかれこれ30年。ワードプロセッサーの時代からキーを叩いておるんで、
指もけっこう太くて指一本一本にものっすごい力があります。指相撲で負け知らず。
おまけに足の指でグーチョキパーがでけます。で、おまけにサウスポーだもんだから、
左の握力もかなり。指力もな。
握ったんだねワタス。すまんこってした。これからはおちんさん、そっとそぅっとね、
と最初に言ったってちょんまげ。そのワタスがけだもの状態でなければ、恐らく聞く
耳をもっておるでしょう。
いやぁ。それにしてもたまげた。ワンださんも抜けられるんだね。
今、ニャニャスさんと、mistymidoさんと、オペラハウスの石段で会いましょう大作戦を
してるんで、参加してちょんまげ。
で、ニャニャスさんは行けてるようなのですが、ワタスがだめ。新聞スタンドか
息子んとこに、どうしても本能で飛んでまい、石段にいけてません。今夜は、時間が
ずれてまい、これから口蹄疫するので、あと1時間後くらいに、抜けてみます。
行ければいいんだが、夜でけんかったら、朝方、もっかいやってみます。
では。ありがとうね。わくわくしてきますた。
     by 抜けるぜよ、石段で待っとってちょんまげおちん。

2010-06-04 23:35 | シドニーおちん URL [ 編集 ]



太ももどころか今度は両腕に鳥肌がっ!
そもそも壁画に興味があって本まで買い込む人がいるとは思いも知らずつゆ知らずであります。
ほほ~~~。
それと体格ががっちり、とは「身長が高くて背中が広かった」という意味で書いたんでありますよ。
夢の中の校長せんせは白髪混じりだけどパーマっ気の無いさらっとした感じ。
場所まで類似点があるとはまたどうした事でしょうか。それにおちん殿はゆきおの
ばかっ畑を耕しておられるので、握力は意外にあるのかもと思っていたところですが、
本当に強いんでありますね。
半覚醒状態の時に誰かの手や亡くなった愛犬を触ったりしてたんですが、このところ
ぱったりできなくなっており、この日は「半覚醒状態になった夢」だった様な気もするであります。
今度からおちん殿に「優しくしてね。」と声を掛けてから握るであります。

オペラハウスの石段でありますね。チャレンジしてみるであります!

2010-06-05 00:22 | ワンだ五等兵



ワンださん、ありがとうね
返事が遅くなってすまんこってした。
仕事がたてこんでまいますた。
んっが、土曜には、オペラハウスに行って写真をとってみますた。
みんなでイメージを共有してもらおうと考えたのですた。
んっが、写真、へたで何がなんだかわからんですた。でもとりあえず、次の記事に
はっつけてみます。
ところで、校長は、サラッサラの髪で白いです。。山羊のような、じじぃです。
とにかくびっくら。ワンださん、すごー。
とにかく、ワタスは石段に行くことだね。努力、足りんですまんこってす。でも必ず
行くかんね。待っててちょんまげ。で、いろいろありがとうね。 by 石段おちん。
2010-06-07 10:20 | シドニーおちん URL

 (転載ここまで)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
かたやオーストレイリヤ在住のおちん殿と、かたや可憐なスミレの様に日本の片隅に
ひっそりと咲いているこのワンだ、もちろんネットを通じてのお知り合いなので、
お互いに予備知識は殆ど無いに等しい。
どこかで何かが繋がっているのかもしれない。

私の次の課題は幽体離脱である。
by wanda_land | 2010-06-09 23:00 | ワンだ日記