人気ブログランキング |
ブログトップ

ワンだ~ランド

wandaland.exblog.jp

なにげない出来事を薄く薄くのばしていく金箔職人ワンだの世界

はやぶさの帰還を示唆していたのか、「虎の児」よ

某新聞の記事がひときわ目を引いたので転載させて頂く。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  (転載ここから)
             「はやぶさチームに祝い酒」
    虎の児ラベル縁で贈る
約60億キロの長旅を終え、帰還した宇宙航空研究開発機構の捜査機「はやぶさ」の
プロジェクトチームに、嬉野市嬉野町の井手酒造(井手洋子社長)が祝い酒を贈った。
7年前の打ち上げの際、主力銘柄「虎の児」のラベルデザインがはやぶさの性能計算書の表紙に
”採用”されたのがきっかけ。
同社ではオリジナルラベルを貼った酒の限定販売を検討している。

ロケット衛星の打ち上げは巨額を投じるビッグプロジェクト。失敗は許されず、チームは
成功を祈り、験担ぎで軌道計画などをまとめた性能計算書の表紙に清酒のラベルをもじって使う
”伝統”があるという。
宇宙を60億キロも旅して太陽系誕生の秘密を探る試みは「まさに『虎穴に入って虎児を得る』
挑戦」
打ち上げ時、性能計算書を作成した的川泰宣名誉教授が、全国の数ある銘柄の中から「虎の児」を
選んだ。
ラベルは「此君名聲 走千里」とする本来のキャッチコピーを「此機宇宙 翔百億里」に、
醸造元をプロジェクトマネジャーの川口淳一郎教授にちなみ「川口酒造」、電話番号代わりに
小惑星「イトカワ」を示す識別番号「1998SF36」を記すなど、遊び心もちりばめている。
井手酒造では、チームから贈られてきた打ち上げ時のパネル写真と祝い酒を手にする川口教授の
写真を展示。
井出社長(76)は「無事を祈り続けていたのでうれしい。数々の困難を乗り越え、とら年に
帰ってきたことに運命を感じる。」と喜んでいる。

  (転載ここまで)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
性能計算書の表紙にお酒のラベルを使うなんて洒落ている。
ラベル通りとらの年に帰って来たはやぶさもまた然り。

2メートルに満たない小さなちいさな体で、想像を絶する過酷で孤独な旅を終えたはやぶさ。
この小さな巨人が成し遂げた偉業を、あまりマスコミは語りたがらない。
どうでもいい様なニュースや、暗いニュースは朝から晩まで流すくせに、こんなに素晴らしく
日本国民の気持ちをぱっと明るくしてくれる事は軽く無視するとは。

イトカワからのお土産がカプセルの中に入っている事を祈る。
太陽系誕生の秘密が明かされるかもしれないと思うと胸がときめく。
by wanda_land | 2010-06-23 11:23 | ワンだ日記