人気ブログランキング |
ブログトップ

ワンだ~ランド

wandaland.exblog.jp

なにげない出来事を薄く薄くのばしていく金箔職人ワンだの世界

反「詐病」

あまりの苦しさに深呼吸をすると、胸を締め付けられる様な
痛みが強くなり、その痛みを少しでも和らげようとして手の平を
軽く当てると、今度は強い圧迫感を感じて、更に呼吸苦が
ひどくなった。

めまいと脱力感に襲われて気が遠くなりそうな時は、仕事の
最中に休憩する事もあったが、横になりたくても上半身を
前後左右のどちらかに傾けると、かえって窒息感を感じる。

仕方なく検査用のベッドに正座し、壁にもたれる様にして
症状が治まるのを待っていた。
先生に診察してもらおうと思った事も1度や2度ではないが、
どうせ対症療法として安定剤を処方されるのが関の山だ。
原因を取り除かなければ絶対に治るわけがないのは
充分分かっていた。

何らかの目的の為に病気の振りをする事を詐病と言うが、
私の場合この逆をいった。

「時々眠れない事もあるけど、まあまあ眠れてるかなぁ。
食欲はあるし、特に朝に調子が悪いとかそんな事はないよ。」
と多少ウソを混ぜて、鬼林には適当に答えておいた。

暗い気分で職場に行き、鬼山・鬼林コンビから毎日嫌味や
お小言を言われながら重苦しい仕事をしているのだ。
夕方に掛けて気分の上がりようが無い。

実は鬼林は大事な家族を亡くしている。
その人は心の病気を抱え、1人寂しくこの世を去って行った。
鬼林が仕事上関わりを持ったある人も、それから間もなく
自分で命を絶った。

自分の周辺で立て続けにこんな悲惨な事件が起きていると
いうのに、その原因がうつ病だと分かっているのに、
彼女は私に対して自分の感情をセーブする事ができなかった。

うつ病で悩んでいる人に「励まし」は厳禁とされている。
鬼林は私を励ます代わりにとことん追い詰めて、それを
楽しんでいるかの様だった。
by wanda_land | 2005-09-02 23:58 | 黒の時代