人気ブログランキング |
ブログトップ

ワンだ~ランド

wandaland.exblog.jp

なにげない出来事を薄く薄くのばしていく金箔職人ワンだの世界

さようならアンディーさん

いつも笑顔を振りまいていたアンディーさんの表情が陰り始めたのは
いつの頃からだろうか。
細かい部分は忘れてしまったが、新しく彼のボスになった女性が
ワンマン過ぎてついていけなくなった様なのだ。

韓国のベースにいるアンディーさんの友人が、「韓国に来ないか。」と
誘っていると言う。
うるさいボスもいないしお給料も良いから、と。

なんだか嫌な予感がしていたが、とうとうそれが現実になったのは
それから間もなかった。
「韓国のベースに行く事にしたよ。」
新婚ホヤホヤだった奥さんを日本に残し、アンディーさんは韓国に
行ってしまった。

「月に1度は帰ってくるから、その時に英会話も教えに来るよ。」と
約束してくれたが、彼はそれっきり2度と戻っては来なかった。
数年後勇気を振り絞ってベースで働いている奥さんに電話を
掛けてみた。

その時にアンディーさんの連絡先も聞いたのだが、なんとなく
二の足を踏んでしまい、1度も電話を掛けていない。
(もしかしたら韓国に単身赴任したのが原因で4度目の離婚でも
してはいないかと思ったが、それは杞憂に過ぎなかった)

引き出しの中にはアンディーさんの写真が1枚だけ残っている。
ある時アンディーさんが私にくれた物だ。
星条旗とネイビーの旗(?)を背にしたタキシード姿のアンディーさん
が、背筋をピンと伸ばして誇らしげに写っている。

誕生日のプレゼントは何がいいかと聞いたら、
「Go home and look into the mirror。」と大きな独り言を
言ってたけど、照れくさかったから聞かなかったフリをしてスルー
しちゃったな。

今頃どうしているだろう。
還暦祝いを兼ねて私達が香港から買って来たシルクのガウン、
つんつるてんだったけど着てくれているだろうか。
赤い地に龍の模様が入ったいかにもチャイナな服だったなぁ。

今でもひょっこりとアンディーさんから電話がありそうな気がして
仕方がない。
その時はやっぱり<I missed you!>と言おう。
by wanda_land | 2005-11-27 22:00 | ワンだ日記