人気ブログランキング |
ブログトップ

ワンだ~ランド

wandaland.exblog.jp

なにげない出来事を薄く薄くのばしていく金箔職人ワンだの世界

これもきっと前世の因縁

今日はちょっと違う話題をば。
満月の夜でもあるしね。

愛だの恋だのに縁が無い。
「あいだの」と打つと「間の」が真っ先に
出るし、「恋だの」と打つと「故意だの」
に変換されるくらいだ。

好きな人とは付き合ってもらえず、明るい
結末が見えない超年下くんや超年上くんに
惚れられるのは何故だろう。

私は密かに確信している事がある。
以前にも書いた事があるが、これは前世に
深く深く関係しているのだ。
何故にこれほど自分がストイックなのかは、
これできっちりと回答が出る。

私の前世はきっと色情狂だったのだ。

所は中世のヨーロッパ。
夜毎黒いマントを羽織って馬にまたがり、
領民を蹴散らしながら男達を漁り回る、
高慢この上無い領主の娘。
その内魔女狩りに遭い、拷問の挙句
火刑に処せられたのだ。

だって「拷問」という字を見ただけでも
震え上がるほど怖いもん。

呆れた行状を見るに見かねて、神様は
こうおっしゃった。

「お前の様な高慢ちきで淫乱な者は、次の
生ではゴキブリかナメクジにでもなって
猛省するのじゃ!よいな?」

私はひれ伏しながらこう答える。

「神様それだけはお許し下さいませ。
次も女に生まれ変らせて下さい。
俗世にあっても、尼僧の如く清く貧しく
美しい人生を必ずやまっとう致します。
2度と再び男に溺れる事はありません。
お誓い申し上げます。」

かくして右足は尼寺、左足は尼僧院、
そして高齢化が加速度を増している今や、
棺おけに半ケツを突っ込みながら神様への
誓いを守り抜いているというのが真実
なのだ。

前世の失敗が余程胸の奥に突き刺さって
いるのだろう、我ながら健気である。
そんな秘められた真実に気づかずに、
老いて朽ち果てるまでに、もう1度頑張って
みようかと思った事もあった。。。
 (次回)
by wanda_land | 2007-02-02 22:11 | ワンだ日記