人気ブログランキング |
ブログトップ

ワンだ~ランド

wandaland.exblog.jp

なにげない出来事を薄く薄くのばしていく金箔職人ワンだの世界

能力者が続々と現れる理由

私が猫福さんから教えてもらった「ありがとうの
法則」や「アセンション」の事を同僚のマリコさん
にも話すと、彼女のキラキラした瞳がますます
輝いた。

「えーっ、ワンださんすごい!
話が合うじゃないですか!
実はですね、うちのお母さんの知り合いの人も
そういう力を持っているんですよ。
体調が悪くなった時にヒーリングをしてもらったり、
食べ物に手をかざして悪いものを抜いたりして、
お母さんとかもやってますよ。」

マリコさんとは3年以上のお付き合いだが、そんな
話を聞いたのは初めてだった。

清龍院のお上人様と、ある有名な霊能師の話をして
いる時だった。
「そういう力を持った人達が、今から日本には
どんどん出てくるよ。
霊能師じゃなくて、普通の人達が目覚めるって
言うかなぁ。」

それから10年も経っただろうか、確かに特殊な
力を持っている人達は昔に比べて格段に多くなった。

いったいこれにはどういう意味があるのか時々
考えていたのだが、管長様のお話を聞いてはたと
気づいた事がある。

「私は仏様に直接教えてもらってはいるけど、
世の中を変えていこうと思っても1人ではできない
からね。。。」

そう、どんなに素晴らしい力を授かっていても、
何か大きな変革をしようとすると、生身の人間が
できる事には限界があり、協力者が必要となって
くる。

特に時間の猶予が無い時はリーダーシップを
取れる人が多ければ多いほど、事はスムーズに運ぶ
ものだ。

「アセンション」が完結するのは2012年と
言われる。
時間はありそうであまり無い。
なにしろ今までの固定観念を捨て、意識を変えて
いかなければならないのだから。

多くの人達がうまく「アセンション」を乗り切る
為に各地に散らばっている、見えないものが見え、
聞こえないものが聞こえる人達が次々に現れて
いる、と思うのは私の深読みだろうか。

「アセンション」という言葉を何年か前に目にした
時は、またいつもの終末論か、下らない、と思い、
全く関心が無かった。

どうせ宗教絡みで、選ばれた人達だけが天国に行き、
その他は地獄に落ちる、みたいな眉唾ものの話だろう
と思ったからだ。

しかし今回は違う。
それは私が全幅の信頼を置いている猫福さんが
口火を切ったからだ。
猫福さんはアセンションに関するあらゆる質問を
受け、私達の不安を取り除こうとしてくれている。

まだアセンションとはどういうものかを他の人に
分りやすく説明できるまでにはなっていないが、
人として善く生きようと努力していれば、まず
落ちこぼれる事はないと思っている。
by wanda_land | 2007-08-07 22:54 | ワンだ日記