人気ブログランキング |
ブログトップ

ワンだ~ランド

wandaland.exblog.jp

なにげない出来事を薄く薄くのばしていく金箔職人ワンだの世界

私とアセンションを繋ぐ存在

猫福さんは四十九日の話のついでに、こんな事を
教えてくれた。

「(アーニーは)ねーさん(私の事)がちゃんと
うまくアセンションできる様に、今でも導いている。」

アーニーがアセンションに関わっている?
まさか。。。。。

生きている時はのほほ~んとして、いつもグーピー
眠っていた甘えん坊のわんこが、私を導いているなんて
とても信じられない。
(この時点では、別次元に行けば人間よりも動物の方が
数倍能力を発揮できる、という事を知らなかった。)

ところが管長様に会いに行かせたり、アセンションを
思わせる様な事が経典には書かれていないか直接
質問したりできたのも、彼のお膳立ての結果らしい。

何故そんな事をしたのか。
私がアセンションをあまり信じていなかったからだ。

今年の5月から某掲示板は猫福さんを中心に、
アセンションの話で盛り上がっていて、不思議な話が
大好きな私も興味津々だった。

ただし自分が生きている間に、本当にそんな凄い事が
起きるのだろうか、また今度もノストラダムスの大予言
の様に、世間を騒がせた挙句何も起こらなかった、で
話が終わってしまうのではないかと言う疑問が沸き、
今ひとつピンと来ていなかった。

ところが夕べの日記を書いている最中、大事な事に
はたと気が付いた。
俄然興味を持ち始めたのは、猫福さんのこのひと言
だったのだ。

「アセンションが起きたら、ワンださんは私を通さ
ないで直にアーニーと話ができる様になるよ。」

その3~4時間後に彼の心臓は動きを止めたわけだが、
猫福さんの様にアーニーと話がしたいというのが、
その頃の私の強い願いの1つだったのだから、鼻先に
ぶら下げられた人参に私が食いつかないはずがない。

彼と直接会話ができるならアセンションは大歓迎だ。
何が何でもアセンションを成功させねば!
少しぐらいの苦労は乗り越えるぞ!
地球に癒しを!
アセンション万歳!

「アセンション誘導作戦第一段階成功!」
などと彼はほくそ笑んでいたのだろうか。

彼の誘導にピンと来ていなかった私に、ぷーっと
ため息をついたアーニーだが、私を一瞬にして
その気にさせたのは、よく考えたら彼自身だった
のだ。

「そのうちみーんな1本の線になっていた事に
 気がつくよ。」

と、これも猫福さんの謎めいた言葉だった。。。
by wanda_land | 2007-09-06 22:51 | アーニーのお話