人気ブログランキング |
ブログトップ

ワンだ~ランド

wandaland.exblog.jp

なにげない出来事を薄く薄くのばしていく金箔職人ワンだの世界

これが闇の侵入か???(4)

「自分で自分の心に作った闇」と書きはしたものの、
激しい怒りや恐れなどのネガティブな感情は、自分が
作り出しているというのはただの思い込みで、本当は邪悪な
存在の働きかけがある為、と言う人もいる。
(ただしその邪悪なものを引き寄せるのはあくまでも自分
自身らしい。)

何かを見聞きして感じるのは自分なのだから、そんな風に
言われてもなかなかピンとこない。
自分の想念と外部からこっそり忍び込んでくる想念の区別を
付けるのは難しい。

実はこの出来事の直前にこれまたとんでもない事実が発覚した。
懲戒免職は辛うじて免れたものの、悪事がばれて叩き出される
様にして辞めたはずの人物が、いつの間にか職場復帰していた
のだ。

ライバル会社からヘッドハンティングされた会社員が、
スパイ活動と内部撹乱で自分が勤めている会社を倒産に
追い込み、そのご褒美として高いポストを与えられる、などと
いう企業ドラマがあるが、彼が陰に隠れてやろうとした事は
まさにそれだった。

母の話によると、彼が率いてきた部署の職員さん達が人手不足を
理由に、彼に帰って来て欲しいと上司に頼んだらしい。

残された職員さん達の苦労を考えると、裏切り行為を働いた
彼に対する怒りがするすると薄らいでいく。
失敗してもいい、誰にだってやり直すチャンスは与えられる
べきだと私は常日頃思っているので、この時の私はまるで
慈悲深い仏様の様な気持ちになっていた。

「本人がしっかり反省して、これから頑張っていく!って
思っているなら、いいんじゃない?
職員さん達も人がいなかったら大変だしね。」

は~、我ながらなんと情け深いのだ。
もし万が一彼と彼の後ろで糸を引いていた連中の思惑通りに
運んでいたら、私達は莫大な借金を抱えたまま路頭に迷う
ところだったのだから。

ところが、である。
数日後に他の職員さんから聞いた話では、事実は全く
違っていた。
by wanda_land | 2008-03-20 22:24 | ワンだ日記