人気ブログランキング |
ブログトップ

ワンだ~ランド

wandaland.exblog.jp

なにげない出来事を薄く薄くのばしていく金箔職人ワンだの世界

2006年 06月 30日 ( 1 )

法事の為各地から親戚が集まって来た日の
事だ。
初めて見る顔もあるし、数十年振りに
会った人もいた。

こんな機会は滅多にないので、母が法事の
後はいとこ会として宴席をもうけ、そのまま
1泊する事になった。

出かける時に親戚のおばさんから言われ、
玄関脇にあるお座敷の戸を閉めた。
お仏壇のある部屋だ。
夜は2匹の犬を玄関に入れるので、お座敷に
抜け毛が入り込むのを防止する為だ。

翌日母達は長崎へと出発し、私だけ仕事で
銀行回りをしてから帰宅。
夕方いつもの様にお仏壇のお茶・水を片付けて、
犬達を玄関に入れようとした時異変に気づいた。

お座敷の戸の右側が20センチ程開いて
いるのだ。
ぎょっとした。

私はできるだけ深く考えないようにして、
それを静かに閉めた。
閉めたはいいものの、今度は左右の戸が逆に
なっている事に気づいた。

出かける時にばたばたしていたから、いつも
しない事をしてしまったのか?
左右の戸を逆に閉め、右側の戸を中途半端に
閉めるという?
いや、それは考えられない。

左右が間違っていれば、いつも開け閉めする
左側の戸が手前、右側が奥になってしまう。
わずか数cmの差でも、ぱっと見た瞬間の
立体感が全く違うし、目ざとい親戚のおばさん
からもきっと指摘されるはず。

母にも翌日確認を取ったが、ちゃんといつもの
様に閉まっていたと断言した。

左右逆どころか、日頃は絶対に絶対に動かさず
閉めっ放しにしている右側が開いていたのは
いかにも奇妙だ。

建てつけが悪くなったのか、戸の滑りはかなり
悪く、体の一部がちょっと触れたぐらいでは
1mm足りとも動かない。

しかもその奇妙な光景を見る直前に、私は
お茶・水を載せたお盆を左手に持ち替え、
右手できっちりと閉めている。

その夜はたった1人で過ごさなくてはいけない
のに、まったくついていない。
先日のアラーム事件といい、今度の事件といい、
不可解な現象だ。

ご先祖様が何かを伝えたかったのだろうか。
でもね~物を動かす力があるんだから、
しゃきっと姿を現して直接言えないものかしら。
by wanda_land | 2006-06-30 20:45 | ワンだ日記