人気ブログランキング |
ブログトップ

ワンだ~ランド

wandaland.exblog.jp

なにげない出来事を薄く薄くのばしていく金箔職人ワンだの世界

2007年 11月 10日 ( 1 )

食べても食べても減らないアイスというのもいいが、
読んでも読んでも終わらない小説はまた格別の
ものがある。

名古屋へ研修に行った時に同僚が読んでいたのが
この「宇宙英雄ペリー・ローダン」だった。
何気なく同僚から借りたはいいものの、途中他の
本に浮気をしたりしてなかなか読み進まなかった
のに、20冊程読んだ頃から俄然面白くなってきた。

ローダンが大宇宙へと進出する為に欠かせないのが、
世界各地から集められたミュータント達の存在だ。
初期の頃の作家達は日本人びいきだったのか、
日本人のミュータントがやたらと多い。

タコ・カクタ、キタイ・イシバシ、タナカ・セイコ、
イシ・マツ、ウリウ・セング、ソン・オークラ、
タマ・ヨキダ、ドイツ・アタカ、ノモ・ヤトゥヒン
などなど、全体的にありそうで無さそうな、
無さそうでありそうな、名字と名字を無理矢理
くっつけた様な、名字を無理矢理半分にして
名字と名前にしちゃった様な、東欧系ですか?と
聞きたくなる様な、ドイツ系の名字かと思いきや
ドイツ人はドイツの事をドイツと発音しないじゃ
ないかとつっこみたくなる様な、日本人を
おちょくってますか?とガン飛ばしたくなる様な、
へんてこりんな名前の日本人がずらずらと登場する。

この数々の日本人を含むミュータント部隊の全員が
超能力を備えていて、中でも私の大のお気に入りは
身長1メートルのネズミ=ビーバーのグッキーである。

テレポーターでテレパス、そしてテレキネス。
ミュータント部隊中これだけの超能力を兼ね備えて
いるのは彼1人だ。
やんちゃで生意気でいたずらが大好き、でも
「友達」という言葉には滅法弱い。

グッキーは今のところミュータント部隊の中では
唯一の非ヒューマノイドで、彼だけが太陽系を牛耳る
大執政官・ローダンに平気でため口をきく事ができる。

今まではただ単にとても面白いSF小説として読んで
いただけだが、最近なんとなくこの本にのめり込で
しまった理由が他にもある様な気がしてきたのだ。
by wanda_land | 2007-11-10 22:44 | ワンだ日記