人気ブログランキング |
ブログトップ

ワンだ~ランド

wandaland.exblog.jp

なにげない出来事を薄く薄くのばしていく金箔職人ワンだの世界

<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

9月28日(月)「あの部屋」のこと。。。続き
同僚3人からほぼ同じ時期に聞いた、「あの部屋」に関する
奇妙な話。
そして2件の目撃例。。。

それでふと思い出したのは、問題の「空室」の左隣に入居
されているシラカワさんである。

ある日「隣から話し声が聞こえるけど、隣の部屋にはどなたか
いらっしゃるんですか?」と、スタッフに聞いたそうだ。
もちろんシラカワさんの隣の部屋には誰もいない。
ひと部屋おいてアオヤマさんがいる。

それを聞いた時は部屋を1つ飛ばして、アオヤマさんの部屋
からスタッフとの会話が聞こえてきただけだろうと思って
いたが、それもよく考えるとヘンなのだ。

お隣さん同士なら物音や話し声は聞こえるが、1つ向こうの
部屋の音は殆ど聞こえない。
それにアオヤマさん自身声が小さく、耳を澄まさないと
聞き取れない事がしばしばある。
やはりナニモノかが住んでいるのか。

一緒に夜勤をしたキモトさんに、明け方に聞こえた声の事を
昨日もう1度確認したが、いつも大きな声で独り言を
言ったりため息をつくミドリカワさんの声ではない、と
改めて断言していた。

声が聞こえた方向は、私とキモトさんでは全く逆だった。
お互いに「ワンださんのいる方向から聞こえたって!」
「いや絶対キモトさんのいる方からだったよ!」と
言い合い、最後は声の主はミドリカワさんだったという事で
決着をつけた。

もちろん私もキモトさんもそんな事は信じていないのだが。。。
by wanda_land | 2009-09-28 22:36 | ワンだ日記
それからまた数日後、夜勤が回ってきた。
相棒はベテランのキモトさんである。

職場には3ケ所にセンサーが設置され、誰かがそこに行くと
音声で知らせてくれる。
遅出のスタッフも帰った後、「裏玄関です。」という声が
スピーカーから流れて来た。

「えっ、裏玄関は私が確かに施錠したけどな。」

キモトさんが首を傾げる。

1度目は軽く無視したが、2回目ともなるとそうもいかない。
2人で「やだ~、うそ~。」と言いながら、薄暗い裏玄関を
見に行く事にした。
先頭を行く私に「ワンだがんばれー、ワンだがんばれー。」と
声を掛けながら、恐る恐る後を付いて来るキモトさん。

やはり玄関にはきちんとカギが掛かっていた。

「きっと虫よ、虫が飛んでるんじゃない?」

「誤作動かもね。あ、そう言えばさっき蚊がいたから
 そのせいよ、多分。」

な~んだ、蚊に反応してるだけなんだ。

その後も3回程音声が聞こえたので、思い余ってキモトさんが
殺虫剤をまき、その後はぴたりと止まった。
1匹の蚊ぐらいでわーわー言っていたのがちょっと恥ずかしい。

が、しかしである。
本当に蚊のせいだったのだろうか。

日中は網戸の無い正面玄関を開けっ放しにしていて、トンボや
蜂が頻繁に入ってくるわけだが、センサーはそれほど敏感には
反応しない。
蚊ぐらいのサイズをこんなに感知するのなら、日中は音声が
鳴りっ放しになりはしないか。。


私は職場のゴミ箱の整理が妙に好きなので、この日も明け方近くに
せっせと片付けていた。
と、女の人の甲高い声が聞こえる。
袋にゴミを詰め込む音が邪魔をして、誰が何を言っているのかは
全く分からない。

どうせまた夜昼構わず大きなため息をついたり、独り言を言う
入居者のミドリカワさんか、キモトさんがそのミドリカワさんに
話し掛けているんだろうと思い手を止めると、その声はぷっつりと
途絶えた。

あまり気にもせず、再びゴミをがさごそしていると、キモトさんが
やって来て、「ねえねえ、ワンださん今何か言った?」と聞いた。

「いや?ミドリカワさんかキモトさんじゃないと?」

「違う!私じゃないよ。
それにミドリカワさんでもないと思うけど。
こっちから(私がいる場所)聞こえたと思ったけどな~。」

キモトさんは私がいた方角から聞こえたと言い、私は絶対に
キモトさんがいた方角から聞こえたと言い張った。

私達じゃないとすると、やはりミドリカワさんに決まりだ。




と、少し前までは思っていたが、どうも引っかかる。

キモトさんがいた事務所の隣にミドリカワさんの居室がある。
キモトさんからすると、ミドリカワさんの方が私より近い所に
いた。
がさごそと音を立てていた私より、キモトさんの方がより
はっきりとその声を聞いているはずだ。

それに声質が全く違うのだから、キモトさんがミドリカワさんと
私の声を聞き間違う筈は無い。

私が聞いたのは独り言と言うよりもむしろ、誰かが誰かに
大きな声で話しかけている、もしくは何かを尋ねている様な
感じだった。

そしてこの日最大の事件はその直後に起きた。

職場にはお仏壇がある。
この土地に関わりのある、人間を卒業した人達のお供養の為
なのだが、夜勤者が毎朝お茶水をお供えする事になっていて、
この日はキモトさんが準備し、私が運ぶ役目を仰せつかった。

淹れたての暖かいとお茶と、お水。。。。
と思いきや、入っていたのは熱湯であった。

「え~~っ、うっそ~~、でもいつもお湯を入れてたよ~~。
 水って水道水でいいと?知らんかった。
 よかった、勉強になったよ。」

こうしてキモトさんとの夜勤は無事に終わったのである。
めでたしめでたし。
by wanda_land | 2009-09-24 21:21 | ワンだ日記
「ワンださん、あの部屋何か感じらんですか?」
そろそろ仕事を終えようかと思っていた矢先、同僚の
アオヤマくんが急に妙な事を聞いてきた。

「あの部屋」とはAさんとBさんの居室の間にある空室
の事だ。
お天気の悪い日に洗濯物を干す為、ブティックハンガーや
物干し竿を置いている。

ヘンなものは感じないが、なんとなく気にはなる。
しかしそれは部屋のドアがいつも開いていて、その前を通り
過ぎる度に視界にブティックハンガーなどが入るせいだと
思っていた。

「いや~、私は霊感とか無いから別に感じらんけど、
でもな~んか気にはなるよね。
で、アオヤマくんは何か感じる?」

「いや、そういうわけじゃないけど、あそこの前を
通ると何かね。。。。」

アオヤマくんは言葉を濁す。

翌日今度はシロタさんが「あの部屋」の事を言い始めた
ので、私はてっきりアオヤマくんとシロタさんの2人の
間でそれが話題になり、私に話しかけたのかと思って
いたがそうではなく、2人はたまたま1日違いで
「あの部屋」の事を私に言ったらしい。

「あの~、『見た』って言うか、はっきり見たわけじゃ
 ないけど、部屋の前を通った時に目の端にちらっと
見えたから、ああ、誰か洗濯物でも干してるのかなと
思って後戻りしたら、誰もいなかったんですよね~。」

視界ぎりぎりに入ったのは、黒っぽい人影。
これだけでも充分ぞっとしたわけだが、アカシさんの
話を聞いた時はさすがの私もザッと鳥肌が立ち、
思わず両腕を擦ってしまった。

アオヤマくんの話から数日後、一緒に階段を上っていた
アカシさんの話も唐突に始まった。

「私も見ちゃったんです。
あの部屋の前あたりでなんか気になって振り返ったら、
黒っぽいズボンを履いたみたいなのが、あそこらへんに
見えたんですよ。
こう、だら~んと下がった感じ?
顔は見えなかったけど、ズボンだったから男の人かなぁって
感じ?」

彼女が指差したのは階段付近だった。
腕を両脇に下げ、それは中空にだら~んと下がっていたと
言う。
アオヤマくんとシロタさんの話、そして目撃したナニモノか
の様子を真似したアカシさんの格好を見て、またもや
ざわざわと鳥肌が立つ。

「今度ワンださんの当直の時に、あの部屋のクローゼットに
隠れて巡回の時に脅かそうかな~。」
と、アオヤマくんがイジワルな事を言った。

「そんな事したら、おしっこちびるからね。
 いや、あまりの恐ろしさに、逆にぼこぼこにするかも
 しれん。」

まあ、ここに限らず人間を卒業した人達は多分そこここに
いるのだろう。
別に悪さをするわけでもなく、波長が合った時にちらっと
その一部を見せるのかもしれない。

ダイジョブダイジョブ問題ナス。
周りには沢山人もいるしね。
夜勤の時以外は。。。。
by wanda_land | 2009-09-23 22:19 | ワンだ日記