ブログトップ

ワンだ~ランド

wandaland.exblog.jp

なにげない出来事を薄く薄くのばしていく金箔職人ワンだの世界

深夜に響くトイレを流す音。。。。?
私には心当たりがあった。

実はこの建物は曰く因縁付きの土地に建てられている。
はっきりした理由は知らないが、とにかく
「良くない土地」という事で地元では密かに有名だった
らしく、長い間買う人がいなかったのだ。

この土地については2007年5月に詳しく書いている。

お侍さんや普通の(?)幽霊さんに加えて、土の下からは
何とも表現しようのないモノがわらわらと湧き出て来た
らしく、地鎮祭に来て頂いたお上人様は生汗を掻きながら
読経された、というエピソードを思い出す。

そう言えば霊感のあるワーカーさんが、祭壇のある部屋に
いると視線を感じると言っていたし、他のワーカーさんも
何かを目撃したそうだ。

「誰からかじーっと見られてる様な気がするんですよね~。
 あの部屋なんかありますよ。
 絶対あると思う、だってなんかおかしいもん。」

そりゃあるに決まってるさ。 ふおっふおっふおっ
しかし私は徹底的にとぼける事にした。

「えっ、そう?私はぜーんぜん感じらんけどねー。」と。

ここら辺は水道料が高いし、水を無駄にするとは何事だ。
水道も井戸も無く、何キロも歩いて生活用水を汲みに
行く人達もいるのだ。

      許せん

私は早速トイレの中を覗き込んだが、もちろん誰も
いない。

「だめっ!水がもったいないでしょっ。」

私が無人のトイレに向かって一喝するのを聞いていた
フクオカさんの笑い声が聞こえる。

男子便器のセンサーの誤作動かもしれないが、
それ以来ぴたりと止まってしまった。
ここの幽霊さん達はとても聞き分けがいいのだ。
うん、きっとそう。
# by wanda_land | 2009-07-26 22:42 | ワンだ日記
深夜に響くトイレを流す音。。。。?
私には心当たりがあった。

実はこの建物は曰く因縁付きの土地に建てられている。
はっきりした理由は知らないが、とにかく
「良くない土地」という事で地元では密かに有名だった
らしく、長い間買う人がいなかったのだ。

この土地については2007年5月に詳しく書いている。

お侍さんや普通の(?)幽霊さんに加えて、土の下からは
何とも表現しようのないモノがわらわらと湧き出て来た
らしく、地鎮祭に来て頂いたお上人様は生汗を掻きながら
読経された、というエピソードを思い出す。

そう言えば霊感のあるワーカーさんが、祭壇のある部屋に
いると視線を感じると言っていたし、他のワーカーさんも
何かを目撃したそうだ。

「誰からかじーっと見られてる様な気がするんですよね~。
 あの部屋なんかありますよ。
 絶対あると思う、だってなんかおかしいもん。」

そりゃあるに決まってるさ。 ふおっふおっふおっ
しかし私は徹底的にとぼける事にした。

「えっ、そう?私はぜーんぜん感じらんけどねー。」と。

ここら辺は水道料が高いし、水を無駄にするとは何事だ。
水道も井戸も無く、何キロも歩いて生活用水を汲みに
行く人達もいるのだ。

      許せん

私は早速トイレの中を覗き込んだが、もちろん誰も
いない。

「だめっ!水がもったいないでしょっ。」

私が無人のトイレに向かって一喝するのを聞いていた
フクオカさんの笑い声が聞こえる。

男子便器のセンサーの誤作動かもしれないが、
それ以来ぴたりと止まってしまった。
ここの幽霊さん達はとても聞き分けがいいのだ。
うん、きっとそう。
# by wanda_land | 2009-07-26 22:42 | ワンだ日記
昨日は46年ぶりの皆既日食が観測され、私の住んでいる
地域でも部分日食を見ることができた。
神秘的な光景にしばし圧倒される。

そんな折も折、私の初夜勤がこの日やって来た。
私の様な事務畑の人間にはガクブルな勤務である。
相方のフクオカくん(20代男性ヘルパーさん)にして
みれば大災難である。

あれは3週間ほど前だったろうか。
突然それを聞かされたフクオカさんの心中お察し申し上げる。

「え、ワンださんとですか?。。。。。」

じゃろうじゃろう、当惑するのは当たり前じゃろう。

「今から謝っとくね。どうもすいませんでしたー!」
私は深々と頭を下げたものである。

ベッド⇔車椅子の移乗介助、尿取りパッドの交換などなど、
少しずつ夜勤者に必要な仕事を覚えていったが、
尿取りパッドの交換にはやや抵抗がある。

便や尿を大量に含んでたぷたぷのバッドやおむつを
触るのは平気だが、入居者さんの下半身を見ざるを
得ないのがツライ。誠にツライ。
大事なところを見ちゃってごめんなさいっ、なのだ。

汚染した尿取りパッドをぎこちない手つきで外す私に
申し訳無さそうに何度も「手を取ってごめんなさいね。
あなたに汚い事させてね~。」と言われる方もいる。

いかにも上品な奥様といった雰囲気のミヤザキさんに
とって、パッドやおむつの交換はさぞかし屈辱的な事
だろう。

「こちらこそ慣れない手つきですみませーん。
段々上手になりますからね、ミヤザキさんも色々ご指導
して下さいね。
『あなたっ、そうじゃないでしょ。もっと左』とか、
『もっと右よ』とかね。
それとコールを鳴らすのを遠慮なさらないで下さいね。
私が居眠りしない様に起こしてもらわないと。えへへ」

色々話しながら2人でアハハハ~と笑っている内に、
パッド交換がすむ。

問題は男性の排泄の後始末である。
「ワンださんに、ち○こ巻きの仕方を教えときますね。」
先輩ワーカーさんがさらりと言う。

わっ わっ わっ 私がするのか、それを。
そのーなんちゅうか、ち。。。ふんじゃらかんじゃら巻きを。

「ほら、こうやって新しいパッドを上から巻いといて、
汚れたのをさっと抜けばち○こに触らなくて、すぐに
できるでしょ?」

先輩ワーカーさんがむんずとソレを掴んで素早く処理
するのを、私はただただ呆然として見つめるのであった。

16時間の長丁場を越せるかどうかも不安の1つだ。
よし、こんな時こそお不動さまのめらめらパワーを頂こう。。。。
# by wanda_land | 2009-07-23 23:28 | ワンだ日記
早出をして、朝食の準備をしながら夜勤者と世間話を
していた時、その同僚(通称「おっちゃん」)が
こんな事を言い出した。

「人生色々ありますよ~。
辛い事とか苦しい事とかいっぱいありますよね。」

私は高野豆腐の煮物をまな板の上で刻みながら、
うんうんその通り!と相槌を打っていたが、次の言葉に
危うく指を荒刻みにするところであった。

「でもワンださんはいいじゃないですか~。
なんにもなくて~。」

はあああああああああぁあああああぁああ?????

私の頭頂部には色とりどりのはてなマークが恐らく
きっと多分もしかしてひょっとする間違い無く
35本立っていたに違いない。

何も無いってなんだよっ。
あり過ぎて困っちゃってるんだよっ。
ワンだ家滅亡の危機なんだよっ。

「いやいや、おお有りですよ~。
毎日絶叫マシーンに乗ってる様なもんなんですから。」

おっちゃんにもそれ相当の迷惑を掛けているのだから、
この件に関してはある程度知っているはずだ。

沢山の人々を巻き込んでいるし、きっと相当な物議を
醸すので、いくら匿名だと言ってもその詳細はブログ
には書けない。

自称金箔職人のワンだの手にかかれば、原稿用紙2枚分の
このネタを叩いて叩いて叩きまくって400枚位には
できるのだが、今はそれも叶わない。
残念至極である。           

おっちゃんとの会話を久々に会った麻里ちゃんに
話したところ、
「いいじゃないですか!
もしそれが私だったら『勝った!』って思いますよ。」
といつものキラキラおめめで言ってくれた。

確かにその通りだ。

何の苦労も無くのほほ~んとしていると思われた事に
気落ちする反面、「世界中の不幸を一身に背負って
がっくり老け込んだ可哀想な人」として私が彼の目に
映っていなかったのは喜ばしい事かもしれない。
それが私の理想でもあるのだから。

血の出る様な苦労をしながらも、春の日差しの様に
ほんわりと暖かく幸せそうな人。。。
ただただ素晴らしいと思う。

自分の未熟さ故におっちゃんの何気ない言葉に
かちんときた自分を恥じる。
# by wanda_land | 2009-06-11 22:11 | ワンだ日記
という事で久々の更新である。

今禁断症状に苦しんでいる。
手の震えとかめまいとか幻覚とか口渇とか頭痛とか
腰痛とか膝痛とか便秘とか、とにかくありとあらゆる
症状に苛まれている。。。。様な気がしないでもない。

何故か。

大大大大好きなペリー・ローダンの本が読めないからだ。

同僚から借り続けて270巻まで読んだところで、
私の異動が決まり、同僚と職場が離れてしまったからか、
本の貸し借りがぱたっ      と止まってしまった。

このドイツのSF本、ただものではない。
複数の作家による宇宙ヒーローものだが、1961年から
ずっとずっとずっとずっとずーーーーと続いていて、
本拠地ドイツでは今年7月17日に2500話が出版の
運びとなるらしい。

ギネスブックには、「世界最長の小説シリーズ」として
記録されている。

日本では1冊(1巻)に2話まとめられているので、
ドイツ本国の2500話=日本の1250冊目となる計算だ。
ところが1971年から翻訳本が出ているものの、まだ
360巻までしか出版されていない。
現時点で既に900冊以上も開きがあり、到底追いつかない。

ローダン・シリーズが終わりそうだという噂も聞かないし、
最悪の場合私が生きている間にこのシリーズは完結しない
かもしれない。

あともう1回生まれ変わる必要がありそうだ。

たとえ原作が同時進行で翻訳されたとしても、あまりにも
膨大な量なので、死ぬまでに読み終わるのはまず
不可能である。

いっそ次回はドイツ人か、ドイツ語圏内の人間にでも
転生すっかな。。。

更に恐ろしい事に、この「宇宙英雄ペリー・ローダン」の
中の主要な登場人物の1人「アトラン」を主人公にした
小説が、なんと奥さん、850巻もあると言うのだ。

アトランは他惑星からやって来た不死者で、人類が洞窟に
住んでいた頃から地球に関わっている為、エピソードには
事欠かないだろう。

にしても、850巻とは。。。。

1グラムの金を叩きまくって畳10畳分に広げる
金箔職人の如く、3行で終わる内容を400字詰め
原稿用紙3枚に叩き伸ばしているこのワンだも、
尻尾を巻いて逃げたくなる程のスケールの大きさだ。

幸い(と言うのもヘンだが)、ローダンシリーズから
スピンオフしたこの小説は日本語版が無い。
今でさえ読む時間があまり無いのに、こんなもんが和訳
されたら完全に身を持ち崩してしまうに違いない。

禁断症状に苦しめられながら、今は仕方なく他の本を
寝る前に読んでいる。
小林よしのりの「戦争論3」である。
よしりんのこの戦争論シリーズもまた抜群に面白い。
その話はまたいつか。。。
# by wanda_land | 2009-05-25 22:02 | ワンだ日記
と言うわけで、今月中旬から新しい職場での新しい
生活が始まった。

職種は一応「ケアマネ」と言う事になっているが、
丸1日エプロンを着けている。
何故か?
大きなポケットが2つもあるからである。

いざ仕事が始まると、私はメモ魔と化す。
仕事の内容や手順が実に細かく決まっている上に、
職場独自のルールが存在しているので、これらを全部
メモ無しで覚えるのはまず不可能なのだ。

何か教えようとして先輩達が口を開くや否や、
私の手の中には電光石火の如く或いは魔法の如く
するりとペンとメモ紙が現れる。

とにかくメモする。何が何でもメモする。

兵隊さんは死んでもラッパを放さなかったが、
ワンだは死んでもペンとメモを手放さない ちゅう
感じである。

人間の脳細胞は140億個を越えると言われる。
私の脳細胞の大半は過去のある時点で強烈なストレスが
原因で衰え、或いは死滅してしまい、恐らくきっと
もしかして多分間違いなく残った脳細胞は500個位
だと思われる。

しかもその内お昼寝をしたり、ビールを飲みながら
野球観戦したり、ネトゲに夢中になっているやつらを
除けば実働しているのは352個程度に違いない。
頑張れ、私の脳細胞。

お茶の時間といえども手抜きはできない。
入居者さん1人1人の好みに合わせて、飲み物を用意
しなければならないが、既にその段階で挫折しそうだ。

例えばAさんとBさんとCさんは牛乳を200ml、
Dさんはとろみをつけた牛乳を200ml、そしてEさん
とFさんは100ml、Gさんはちょっととろみをつけた
牛乳を100ml、それからそれからHさんは
栄養ドリンク・ヤクルト・お茶の三点セット、
そいでもってIさんはヤクルトをカップに注ぐ、Jさんは
ちょっととろみのついたお茶で。。。。

   ぜ~~~  は~~~ ぜ~~~ は~~~

全員とろみ無しのお茶を1杯ずつにしてくれいっ。

早出の時の朝食準備がこれまた厄介である。
その話はまた次回にでも。。。
# by wanda_land | 2009-04-25 23:57 | ワンだ日記
数日前、施設長と一緒に大急ぎで同法人内の某施設に
走り込んだ。

そこで統括部長が切り出したのは、私の異動の件
だった。
その某施設でケアマネとして働いて欲しいと言われ、
あまりにも唐突な話に思わずうな垂れた私。

一応「どうでしょうか?」と聞かれたものの、
どうもこうもあるもんですかいな。
もちろんこれは形式的な問いで、状況から考えると
答えは1つしか有り得ないのだ。

床にひっくり返って手足をばたばたさせても、
鼻水ずりずり流しながら泣き喚いても、心臓発作を
起こしたフリをしても、日本語が理解できない
フリをしても、きっと断れなかったに違いない。

やだやだやだやだやだやだーーーーーーと
心の中で叫びつつ、「はい、分りました。
が が が がんばります。。。。」と、心とは
裏腹な事を言ってしまった。

ああ、なんて気弱な私。

しかし予想外の異動となる職員は他にも数名いるし、
これからも増えるはずだ。
ケアマネの仕事は金輪際しないと心に誓っていたが、
今回は施設の入所者さん達限定なので、在宅程は
走り回る事もないだろう。

新しい職場の職員さん達は、今の職場がどうしても
人手が足りない時に助っ人として来てくれていた
ので、その大半が顔見知りである。

感じのいい人が多く、内気で恥ずかしがり屋で
気が優しくて力持ちな私でも溶け込めるのは
早いと思う。

統括部長も私の不安を察して、「なるべく毎日
こっちに来ますから、何かあったらいつでも
言って下さいね!」と頼もしい言葉を掛けてくれた。

「今年は職場環境や人間関係が変る」と占いに
出ていて、まさかと思っていたが的中してしまった。

しかし決まったならば仕方が無い。
運を信じ、自分を信じて前に進むのみである。
# by wanda_land | 2009-03-28 22:40 | ワンだ日記
職場で入居者さん達と一緒にちょっと遅い初詣に
行った時の事だ。

最初の予定では私はお留守番役で、皆が出かけている
間に溜まった仕事を片付けるつもりでいたので、
介助のお手伝いをして欲しいと言われた時は、
あまり気が乗らなかった。

所要時間の2時間は貴重な時間だ。
しかし色よい返事をしない私の気持ちは、施設長の
ひと言でガラリと変わった。

「帰りにパフェでも食べて来たらいいじゃない
ですか?」

行きます! 行きます行きます行きます行きまーす!!

電卓も出勤簿も日計表もパソコンも何もかも
放り出して、町内の神社へと向かった。

「ワンださん、おみくじ買って来て~。」

「私もね~。」

入居者さん達に頼まれている内に、私も1つ引いて
みたくなった。

そして何気なく引いたおみくじは。。。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
欲政重成望(まつりごとをほつしてかさねてのぞみを
 しようず)
まつりごとをただし、子孫はんじようを得んと
おもわばなり

前途喜亦寧(ぜんとよろこびまたやすし)
ゆくすえ やすらかにして よろこびごともあるべし

貴人相助処(きじんあいたくするところ)
じよしより めをかけ たすけひきたてもあるにより

禄馬照前程(ろくばぜんていをてらす)
官位 知行も わがおもうままに なるべき

▼このみくじに当る人は、これまでうもれぎの如く
世にしられざりしもじせつ来たりて開運に向いたり、
この時あせらずゆる~考えて事をなしてよし

▼そしよう事かなうよろこび事よし心だてよく持つべし

▼よめどりむこどり急げ

▼待人きたる道にて災難なし

▼失物いづ売買ともによし

▼旅立、家うつり、その他なにごともよし

▼職はのぞみたかき事より、身の安楽なる事を望むべし

▼すべてこのみくじは善人なればいよ~栄え心だて悪る
ければかえつてわるし用心すべし

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「吉」と書いてあったがよくよく読むと、「大吉」とも
取れる内容だった。
おみくじという形で神様にご褒美を頂いた様な気が
しないでもない。

その神社に行ったのも予定外なら、おみくじを
買ったのも全くの予定外。
食べ物につられてお参りに行った甲斐があった。
# by wanda_land | 2009-02-21 22:29 | ワンだ日記
「すいませんワンださ~ん、お願いがあるんです
けど。。。」

施設長がうな垂れながら私に接近する時は要注意
である。

「職員さんが熱発してお休みしたので、人が足り
ないんです。
それでね、ワンださんに遅出をお願いしたいん
ですけどいいですか?」

   きたよ~~~~

この日は早出だったので、遅出をするとなると
朝7時から夜9時までの勤務になってしまう。
間に1時間ほど休憩をもらうという約束で受けた
ものの、実際は10分であった。

1時間ゆっくり休めると思い込んでいたので、
お昼休みはがしがし仕事をしてしまったのが
ちょっと悔やまれる。

季節柄インフルエンザに罹ったり、風邪を引く
同僚が多いので致し方もあるまい。
新人さんもぼつぼつ入って来ているが、完全に
人手不足が解消するところまでにはまだ至っていない。

ワーカーさんの仕事は手伝えるが、私の仕事を手伝う
人は誰もいないのが難点である。

「請求書をできるだけ早く作っといて。」
「はい!」

「日計表は今月の25日までお願いしますね。」
「はいはい!」

「出勤簿を持って来ないとお給料を出しませんよ。」
「はいはいはい!」

3人からそれぞれ、あーだこーだとせっつかれて
滝の様に汗を流しつつ稲妻の如き速さで電卓を叩いて
いると、今度はワーカーさんから声がかかる。

「今から〇〇さんのトイレ介助に入るから、
(他の方達の)見守りお願いしまーす。」

さすがの私も1度に2ヶ所存在するのは不可能なのよ。
もう勘弁しておくんさい  頼む。

体を三分割して仕事をしていたが、それではもう間に
合わない。
生霊でも飛ばしてそいつに仕事をさせ。。。
いやいやそりゃいかん。

ワーキングプアという言葉がある。
フルタイムで働いていても低賃金しかもらえない方達が
それだが、なーーんのそれしき。
残業あり、休日出勤あり、代休無しで、低賃金どころか
ノー賃金である。

ちょっと自慢しちゃうが、私は世界一働き者の
ワーキングプアであろう。  うふっ

うちは蟹工船かい。
読んだ事はないけどさっ。


よーし、ここはひとつ狼らしく、ちょっくら丘に
駆け上がって遠吠えでもして来るか。


  わをーーーーーーん わをーーーーーーーん

     
# by wanda_land | 2009-01-23 11:35 | ワンだ日記
ここ何ヶ月も見なくなったと思っていたら、先日
久し振りに見てしまった。
そう、ナゾの浮遊物体「小さな粒々ちゃん」だ。

休日のお楽しみ、読書&お昼寝をしようとベッドに
仰向けになった途端、いきなり小さくて光るものが
現れた。
じっと目を凝らすとそれは次々に現れては消えて行く。

初めてこの粒々を見たのはトイレの中だった。
今回とは比べようもない程、それはそれは大量の
黄色っぽい粒々が尾を引いて視野の中心に向かって
動いていた。

この時も生まれて初めて見たこのへんてこな現象に
目を奪われたものだ。
この粒々は黄色から白に変わって、数はぐっと減った
ものの、その後2回現れた後はぱったりと見えなく
なっていた。

粒々ちゃん達、何故か決して視野の中心には来ない。
尾を引きながら中心に向かって動き、すぐにふいと
消えてしまう。

いったいナニモノなんだろう?
# by wanda_land | 2008-12-25 22:37 | ワンだ日記